厄払い、神社、お参り系

金運アップの方法があるのです。

金運アップで忘れてはならない基本的なことは、まずは厄を落とす事です。神社で祈願するのもいいでしょう。そして、お金に対して肯定的な考えを持つことです。それから、お財布を新しいものに変えることも必要です。くたびれたヨレヨレの財布ではせっかく入ったお金も居心地が悪くてすぐに出ていってしまいます。大事なことはお金を欲しがることはあさましいとかお金は汚いという観念を一切捨てることです。自分がお金持ちになったというイメージを持ち続けることです。金運アップには更に風水の理解するべきです。風水には金運の方角があります。お金が入ってくる方角、お金が出ていく方角、お金が貯まる方角など、ユニークで簡単な方法は、夕日を見ることです。出来るだけゆっくりと夕日を見ることです。それだけで金運が向いてきます。それから、これも簡単な方法ですが、毎日便所の掃除をすることです。そして、小銭の計算も大事なことですが、小銭の計算にあまりエネルギーを使わないことです。大金の計算に使うエネルギーも同じエネルギーが必要ですから。

神社

お金は天下の回り物です。金銭的に裕福になりたいと考えている方はたくさんいます。ですから、金運アップを求めている方はたくさんいますし、方法も色々考えられています。それには、金運アップグッズ、手相、風水、おまじないなどがあげられます。金運アップ神社もあり、金銭的に裕福になりたい人がいっぱいいると言えるでしょう。神社では、宝くじに当たるようにとか、自分の所有している不動産の評価が上がるように、など様々です。裕福になったら、かっこいい自動車に乗りたいとか、ブランド物の服、靴、鞄が欲しいとか、ニーズは無限と言えます。金運アップ神社のおかげで、なんと宝くじ3億円当たったと言うケースもあるのです。神社に金運を求めるのは日本らしいし昔からのしきたりと言えます。神社のしきたりとして絵馬の奉納があります。これは例えば金運アップしたことへのお礼です。皆が皆、本物の馬を奉納出来るわけではないので、その代用として、木に書いた馬、つまり絵馬が奉納されるようになったのです。

金運アップのために銭を洗う

鎌倉のとある神社に行くと、お金を洗うためのザルが用意されていて、参拝客はそのザルに自分のお金を入れて 神社に湧き出ている清水で洗います。そうすると 金運アップするという言い伝えがあるのです。お金を洗う清水自体が、この神社のご神体で、12世紀ごろから始まった風習だと聞いています。洗ったお金は、何倍にも増えると言われていますが、紙であるお札を洗うわけにも行かないでしょうから、増やせるのは硬貨だということになり、なかなか効率の悪い金運アップの方法かもしれません。ところが 中にはお札も洗ってしまう猛者もいるそうで、単なる欲張りなのか、合理主義者なのか、判断に迷うところです。なお、洗ったお金は とっておいても後利益はないそうで、洗ったらなるべく早く使うのが金運アップのコツのようです。スグに使えば使うほど、増えると言われていますが、この神社の近くには お金を使うような商店もないので、せめて洗った小銭でおみくじでも引いてみましょうか。

SNSでもご購読できます。